Home > プロジェクトケース > 「南海1号」プロジェクトケース
「南海1号」プロジェクトケース
「南海1号」プロジェクトケース
Time:2013-10-17

「南海1号」エアバッグは「南海1号」沈没船の大移動に協力

       「南海1号」は今迄世界中で発見された歴史が一番長い、保存状態が一番よい、船体が一番大きい沈没船なので、わが国の古代の造船工芸と航海技術の研究事業にサンプルを提供したとのことです。船には6-8万件ぐらいの文物が載られていて、その中にすごく貴重なナショナルレベルの文物もたくさんあります。「南海1号」を全体そのままで引き上げる方策は世界でも初めてですが、いろいろな世界的な難問を解決しましたので、「南海1号」の引き上げは世界各国の注目を引き起こして、国内外の何百ものメディアに現場で報告されたとのことです。

「南海1号」の上陸も陸上移動も弊社で生産されたエアバッグで実現されたのです。そして、移動の全過程では、弊社は技術サービスも提供していたので、手柄を立てたと言えます。「南海1号」を搭載したケーソンについて、長さが35.7m、幅が14.4m、高さが6m、重さが5600トンです。ケーソンは13本の直径が1m、長さが15mの「南海1号」という超高圧エアバッグの保護で、20071228日に順調に「水晶宮」に入りました。これから「南海1号」エアバッグは新しい旅に向かって進んでいくとのことです。

 

                                          

                                                                                        南海1号が海から陸上する

                                           

                                                                                                 陸上 

 

                                            

                                                                            エアバッグの上で、南海1号がスムーズな移動する

                                              

 

                                         

                                                                                        南海1号が成功で水晶宮を入る

連絡方法

本社住所:中国山東省章丘市明水経済開発区東昊工業園
国際貿易住所:中国山東省済南市中鉄財智中心
〒250200  
Tel:+86-531-58775198          
ウェブサイト: www.airbag.cc 
Fax:+86-531-58775188       
E-mail:      info@airbag.cc